ジュンヤの自分磨き部屋

どうも笑吉です!このブログでは自分を磨くをテーマにいろいろな考え方や自分磨きの方法を紹介します!

『知らないと損する!?』正しい洗顔方法&洗顔のNG行為

f:id:Junya5:20210604185408j:image

どうも笑吉です!!

 

肌荒れがひどく自分に自信が持てずに悩んでいませんか?いつもきちんと洗顔してるのになぜ肌が綺麗にならないんだろうと悩んでいませんか?

もしかしたら、それはきちんと洗顔できてないことが原因かも知れません。

ただ洗顔しているのとちゃんと知識をつけて洗顔するとでは1ヶ月後にはすごく差ができてしまいます。

でも安心してください!そんなあなたに正しい洗顔方法&洗顔のNG行為を解説していきます!

この記事を読めばあなたも今日から洗顔マスターになり綺麗な肌を手に入れることができます。

まずは正しい洗顔の仕方を解説していきます。

 

正しい洗顔の流れ

 

1、ぬるま湯で予洗い

f:id:Junya5:20210604184227j:image

まず最初に洗顔をするときはぬるま湯で軽く予洗いをしましょう。水ではなくぬるま湯で洗う方が毛穴が開いて汚れが落ちやすくなります。

熱すぎたり冷たすぎる水も肌の負担となりますのでぬるま湯で洗い流すようにしましょう。

 

2、泡立てる

f:id:Junya5:20210604183614j:image

しっかりと予洗いができたら次は洗顔料を使っていきます。

洗顔料を適量手に取り、手のひらで水を少し足しながらしっかりと泡立ていきます。

もしくは泡立てネットを使い泡立てると簡単にきめ細かい泡を作ることができます。

洗顔料を泡立てずに洗うのは肌を傷つけてしまう可能性があるためNGです。

洗顔料を使うときは必ずしっかり泡立てるようにしましょう。

 

3、洗う

f:id:Junya5:20210604183804j:image

しっかり泡立てる小世に成功したらさっそく顔を洗っていきます。洗顔をするときは鼻やオデコ(Tゾーン)などの皮脂の分泌が多い箇所を念入りに洗うのがポイントです。

念入りと言ってもゴシゴシ力強く洗うのは肌を傷つけるため優しく丁寧に洗うことを心がけましょう。

泡を顔に乗っけるように優しく洗うことを意識してください。

 

4、しっかりぬるま湯ですすぐ

 

優しくしっかり洗えたら泡が残らないようにしっかりと泡を洗い流しましょう。

泡が残ると肌荒れの原因にもなります。

予洗いと同様に熱すぎたり冷たすぎる水も肌の負担となりますのでぬるま湯で洗い流してください。

この時も注意したいのが優しく洗い流すように気をつけましょう。

 

5、拭き取る

 

あを話しっかり洗い流せたら最後にタオルで拭き取ります。

拭き取るときは柔らかいタオルを使うことで肌を傷つける心配もないので理想です。

また顔に汚れや細菌が付かないように清潔なタオルを使うようにしましょう。

洗顔のNG行為

 

これで洗顔の正しいやり方を理解できたと思います。

次に洗顔をするときのNG行為を紹介していきます。

間違った洗顔方法をしっかり理解することでただし知識を見につけていきましょう!

 

1、熱いお湯で洗う

 

熱いお湯で顔を洗うと肌にあるバリアのような機能の潤い成分を壊してしまいます。

これは40度以上のお湯でバリアが溶けると言われています。

なので顔を洗うときは40度以下で洗うようにしましょう。

 

2、冷たい水で洗う

 

「なるほど!熱いのがダメなのか!なら冷たい水だと引き締め効果があるってきたことあるから冷たい水ならOKでしょ?」と思うかも知れませんが、実は冷たい水もNGです。

冷たい水だと顔の油を落とすことができません。

顔の油を落とすには30度以上の熱が必要ですので、顔を洗うときは30〜40のお湯で洗うことをお勧めします。

 

3、何度も洗う

 

肌を綺麗にしたいと何度も洗ってしまうと、必要な皮脂まで落としてしまい逆に肌荒れの原因になります、清潔さを保つことは大切ですが、洗顔は1日2回までにするようにしましょう。


4、朝は洗顔料を使わない

 

朝は水だけで顔を洗うと言う人も多いと思いますが、それでは綺麗な肌を維持できません。

夜寝ている間にも顔から汗や脂が出ています。さらに夜に塗った保湿液やクリームが残っているので、洗顔料を使わずに水やお湯だけでは綺麗に顔の汚れを落とすことができません。

 

5、強くゴシゴシ洗う

f:id:Junya5:20210604184307j:image

ついつい汚れを落としたいとゴシゴシと力強く洗ってしまう人は、肌を傷つけている可能性があります。

顔の皮膚は薄く非常にデリケートなので強く洗ってしまう人は気をつけましょう。

 

6、洗顔料を泡立てない

 

洗顔料をしっかり泡立てないと泡が粗いので肌の奥まで泡が届かずに汚れを完全に落とすことができません。

それだけでなく肌のためにやっている洗顔が肌に逆に負担をかけることになってしまいます。

 

 

最後に

最後まで読んだあなたは今日から洗顔マスターです!!

正しい洗顔の知識を身につけ、綺麗な肌を手に入れて明るい未来を歩みましょう!!