「剛毛」毛が濃くなる原因とその改善方法

体毛が普通の人より濃くて悩んでいません?

デリケートな問題なので誰かに相談する事もなかなかできないですよね。

 

ヒゲや腕毛、胸毛に脇毛など体毛に悩まされている男性は多くいます。

体毛が濃いと匂いがキツくなり、見た目の面でも清潔感がなくなります。

 

この記事ではそんな体毛に悩んでいる人に向けて、体毛が濃くなる原因とその改善方法について書いていきたいと思います。

 

体毛が濃い原因

f:id:Junya5:20210208074729j:image

男性ホルモンが乱れている

 

体毛が濃くなる原因には、ホルモンバランスの乱れが関係してます。

人間の体には 男性ホルモン(テストステロン)と女性ホルモンが体の中ででバランスを取りながら共存しています。

しかし、何かの原因でテストロテンという「男性ホルモン」が活性化してしまうと、体毛が濃くなる傾向があります。

 

食生活の乱れや過度なストレスは、健康面でもよくないですし、体毛が濃くなってしまう原因にもなります。できる限りストレスをためず、きちんとした食生活を意識するように心がけましょう。

 

笑吉、男性ホルモンが多すぎても少なすぎてもデメリットがあるのでバランスが大切!

 

体質の遺伝

 

自分の家族や親戚に体毛が濃い人はいませんか?

もし家族や親戚の中に体毛が濃い人がいる場合は、その遺伝を受け継いでしまっている可能性があります。

また、その遺伝は自分の子供やまたその子供にまで受け継がれてしまうこともあります。

 

笑吉、遺伝はどうしようも無いですね、、、

 

過度な筋トレをしている

f:id:Junya5:20210123160526j:image

過度な筋トレをおこなうと、これもテストステロンと呼ばれる男性ホルモンが分泌するため、男性ホルモンが増え、体毛が濃く、毛深くなってしまうのです。

自分磨きのために筋トレをおこなうことはよいことですが、男性ホルモンが増えすぎないように気をつけながら行いましょう。

 

笑吉、筋トレもほどほに!

 

外部からの刺激が多い

 

体毛は男性ホルモンだけではなく、肌にダメージを与えることでも濃くなる場合もあります。

例えば、怪我をするとその部分の皮膚を守ろうして毛が太くなったり、毛の量が増えてしまったりすることがあります。

そのほか、カミソリで体毛を剃った時や着ている服の摩擦などによって皮膚が刺激され、体毛が濃くなることがあります。

 

笑吉、ゲガには要注意!

 

食生活によるもの

f:id:Junya5:20210123160854j:image

食生活の乱れで男性ホルモンが多くなり体毛をが濃くなることもあります。

男性ホルモンによって体毛が濃くなっている場合は、食生活を改善することで体毛を薄くすることが可能性です。

人の体は、酸性になればなるほど毛が生える速度が早くなることが医学的に報告されています。

毛の成長スピードを遅らせるためには、体をアルカリ性にする食事を意識して摂ることが必要です。

食事を改善したいと思う人は以下の食事を参考にしてみてください。

 

体毛が濃くなりやすい食事

 

体毛が薄くなりやすい食事
  • わかめなどの海藻類
  • 大豆などのイソフラボンを含む食品
  • バナナ、グレープフルーツなどの果物
  • ごぼう、ほうれん草などの食物繊維が多い食品
  • 男性ホルモンと女性ホルモンのバランスを保つためにも、きちんと栄養バランスの摂れた食事をすることが大切です。

 

笑吉、何にしてもバランスが大切ですね!

 

生活習慣を正して体毛が濃くなるのを防ごう

 

タバコをやめる

f:id:Junya5:20210123161007j:image

タバコを吸うと体に有害な物質が入ったと体が判断し、体を守るため有害物質を体外に出そうと男性ホルモンの分泌が活性化されます。

そうすることで、男性ホルモンの分泌過剰に分泌され毛が濃くってしまう可能性があります。

さらに自分がタバコを吸っている場合だけではなく、「受動喫煙」の場合でもこの影響を受ける恐れがあります。

例えば、自分自身タバコを吸っていなくても家族や友達がタバコを吸っていて、よく同じ空間にいるということであれば、同じ働きが体の中で行われて毛を濃くしている恐れがあります。

 


笑吉、百害あって一利なし!

 

睡眠をきちんととる

f:id:Junya5:20210123161214j:image

睡眠不足もホルモンバランスを乱す原因となり、男性ホルモンが過剰に分泌されて毛を濃くしてしまう恐れがあります。

生活リズムが不規則で睡眠時間が足りてないと感じている人は、生活リズムを整えしっかりと睡眠をとるようにしましょう。

生活リズムが整ってくれば自然とホルモンバランスも安定し、毛の濃さも改善していきます。

毎日きちんと寝る時間を決めて生活リズムを安定さましょう。

 

睡眠時間も非常に大切です。理想は8時間前後ですが、なかなかそれだけ時間を取るのは難しい人も多くいると思うので、少なくとも5~6時間は毎日睡眠は取るように心がけましょう。

 

笑吉、睡眠は量だけでなく質も大事!

 

濃い体毛の正しい処理方法は?

 

カミソリでの処理

f:id:Junya5:20210123161606j:image

カミソリで毛の処理をするのが比較的、安価で簡単にできます。

カミソリはどこでも手に入り、一番手軽な方法でしょう。

少し高価なカミソリであれば、複数刃で深剃りができるものもあるため、さらに深く剃りたい人は少し高価なカミソリを使うといいでしょう。

ただ、肌があまり強くない人は「カミソリ負け」に気をつけましょう。

最近は肌に優しいカミソリの商品も多いですが、それでも肌への刺激は完全になくなるわけではありません。

肌が敏感かつ、頻繁に体毛を処理をするという場合は、剃刀負けを起こし肌が荒れてしまいます。

 


笑吉、カミソリで毛の処理をした後はボディクリームを塗るなどのケアをしよう!

 

 毛抜きでの処理

f:id:Junya5:20210123161557j:image


毛抜きは毛の処理を行うと毛を毛根から抜くことができるので、肌をツルツルにすることができる方法ですが、肌への負担が大きくなりやすい方法で肌荒れを起こしやすいです。

毛抜きで毛を引っ張る際に、周辺の毛細血管を傷つけてしまい、毛根への強い刺激により炎症を引き起こす事が原因です。

また、毛が皮膚の下に埋まってしまう「埋没毛(まいぼつもう)」になるリスクもあるので、毛抜きでの処理はできる限り避けることをおすすめします。

 

笑吉、これは抜いても抜いても生えてくるので根気が必要です。

 

除毛(脱毛)クリームでの処理

f:id:Junya5:20210123163031j:image

除毛クリームは除毛したい箇所にクリームを塗り、時間わ少し置くことでクリームが毛のタンパク質に反応し毛を溶かす効果があります。

 

除毛クリームは表面に生えている毛を溶かして処理するため、抜いたりするのは時間がもったいないと思う人にオススメです。

また、除毛クリームの中には敏感肌用など、肌に優しい成分で作られているものもいくつか存在します。

 

ただし、除毛クリームは毛を溶かす成分が入っているため、肌に刺激を与えます。

初めて除毛クリームを使用する人は、一度目立たない箇所ででパッチテストを必ず行うようにしましょう。

 

笑吉、顔やデリケートゾーンには基本使えませんので気をつけて使用しましょう!

 

 ブラジリアンワックスでの処理

f:id:Junya5:20210123163205j:image

ブラジリアンワックスとは、天然成分で作られた専用のワックスを処理したい毛の部位に塗り、その上からシートを貼り付け、一気に剥がすことでムダ毛を毛根から抜く方法です。

専用のサロンもありますが、家庭でできる商品も多く売られています。

カミソリなどの処理に比べると、毛根から毛を抜き去るため次の毛が生えてくるまでの時間が長いこと、チクチク感がなく即効性があることが特徴です。

ただし、ブラジリアンワックスでの毛の処理は、個人差がありますが痛みを伴います。。

特に、陰毛をブラジリアンワックスで処理する場合は、陰毛周辺はデリケートであるため痛みを感じやすくなります。少し勇気もいるので勇気がある方はぜひ試してみてください

 

笑吉、ビビらず一気に!

 

脱毛での処理

f:id:Junya5:20210123163458j:image

脱毛は体毛をツルツルにも自然な毛量に減毛することができます。

 

脱毛してしまえばカミソリなどでの処理が必要なくなるとなるので、定期的に毛の処理に使ってた時間を削減することができます。

それにカミソリ負けなどの荒れた肌も綺麗に改善していきます。

脱毛といえば、痛いイメージがあるかもしれませんが、

脱毛業界も進化しており、新しい新しい機械を導入している脱毛サロンなどは皆さんがイメージされているような耐えれないほどの強い痛みを感じるようなこともありませんので安心してください。

 

笑吉、やっぱりお金と時間に余裕があれば脱毛が一番いい!

 

 

最後に

 

体毛を整えることで清潔感が出ることはもちろんですが、体毛というコンプレックスをなくすことで自分に自信を持つことができるようになります。

 

体毛を綺麗にすることは筋トレみたいにきついトレーニングをするわけでも食事制限をするわけでもなく、カミソリで剃るだけだったり、脱毛サロンに行くだけで綺麗にでき比較的簡単に取り組めるので、体毛がコンプレクスに感じている方はぜひこの記事を参考にしてみてください。